スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国語リーディング タングニの韓国人生劇場

待望の「タングニの日本生活記」に続く第2弾が発売されました。


tanngunikankokugekizyo.jpg



第1弾同様、今回も内容がとにかく面白いものでした。

そして今回は、韓国人として韓国で生きる時に体感する韓国の様々を、韓国で生まれ暮らし続ける韓国人の視点ではなく、韓国で生まれ暮らし、成人になってからは日本に長く暮らしている視点から分析した韓国像を、時には郷愁の思いを、時には教訓や願いの意を込めて綴っています。

父と通った大衆浴場、
親戚が集まるミョンジョル(名節:旧暦の1月1日や8月15日など)の幼き日のわくわく感、
著者が日本行きを模索していた時期、母親が著者にこっそりと、息子を日本にやるべきかを占ってもらっていたことなど、
当時の実体験からひも解くものもあれば、

長い日本生活ですっかり味覚が日本寄りになっていることから再認識する韓国の味や、
日本語を流ちょうに使いこなせる著者が感じる韓国語における漢字の重要性など、
日本で暮らすことで浮かび上がってくる韓国像など、その視点に複眼性があるために読者を大きくひきつけます。


前回同様に、韓国語本文と日本語訳がありますので、読み物としての面白さのみならず、学習教材としての多様な使い方ができるのも特徴です。
日本語訳文から韓国語本文の推測をして翻訳学習として役立てることもできますし、
また特に今回は、発売と同時に、本文を読み上げた音声のダウンロードが可能ですので、
単にリーディング本としてだけでなく、聞き取り学習に、息継ぎなどを意識しながら読みの練習にも活用できます。


そして、今回は意識的に、慣用句やことわざを多く取り込んでいるのも特徴です。

「국물도 없다」
「찬물도 위아래가 있다」
「팔자가 폈다」


などなど。

各章には、韓国の人なら誰もがよく使う慣用句やことわざがちりばめられており、
その成り立ちなども詳しく解説しているので覚える時の手助けも用意されています。


この本は、既存の教科書にはほとんど載っていない自然な韓国語を、文字と音によってたっぷり取り込め、多様な使い方が可能なお得な学習書であるとともに、抜群におもしろい読み物本であると言えます。








↓ツイッターフォローもよかったら^^






↓딸깍 플리즈~^^ 눌러 주시면 고맙겠습니다^^↓
↓ポチッとプリーズ~^^ 押していただければうれしいです^^↓



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハン・ジム

Author:ハン・ジム

日下隆博
韓国語講師。韓国的最新ニュースから
使える単語情報まで。報道番組ディレクター的切り口でお送りする,韓国語バラエティ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
韓国語学習本



















検索フォーム
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
韓国語学習本



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。