맞- ~韓国高校教科書の「パルレ」(6)

韓国高校教科書の「パルレ」(6)


희정 엄마는 열다섯에 공장 생활을 시작하여 맞교대로 돌리는 공장에서 매일 밤 코피를 쏟으며 일했고 윗사람 맘대로 휘두르는 건 예나 지금이나 마찬가지라고 말한다. 주인 할매는 여자 혼자 살기 힘든 세상이라며 울고 싶으면 울어야 한다고 하면서 풍 맞은 남편과 몸이 불편한 딸의 기저귀 빨래를 혼자 다 해내야 했던 자신의 처지를 이야기한다. 이렇듯 ‘빨래’는 등장인물들의 삶을 통해 우리 사회가 처한 ‘이주 노동자 문제’, ‘불법 체류자 문제’, ‘노동자 문제’, ‘사회적 약자 문제’, ‘여성 문제 ‘등 다양한 문제들을 돌이켜보게 한다.

ヒジョン・ママは15歳で工場での生活を始め、二交代制の工場で毎晩鼻血を出して働き、上の人間が好き勝手に人をこき使うのは今も昔も同じだと話す。大家の婆さんは女が一人で生きていくのはたいへんな世の中、泣きたい時は泣かないといけないと話し、痛風を患った旦那と、体の不自由な娘のオシメの洗濯を全部一人でやらなければならなかった自身の境遇を語る。
このように“パルレ”は登場人物たちの人生を通して、わたしたちの社会における“外国人労働者問題”“不法滞在者問題”“労働者問題”“社会的弱者の問題”“女性問題”などの多様な問題に目を向けさせる。




kyokasyo1.jpg


今回はこの文章の中から
という単語に注目します^^


풍<風> 맞은 남편<男便>
中風を患った夫

ここでの「」は脳卒中などを原因として半身不随などになる「中風」などの病のことです。
맞다」は、「迎える、呼び入れる」が基本の意味で、上の場合は、「体に害を及ぼす」の意味あいですね。

매를 맞다 は「鞭を打たれる」ことですね。


맞교대<交代>로 돌리는 공장<工場>
2交代で回る工場

ここにも、が出てきました。
맞-」 は、ある語の前に付いて、「相対する、互いに(…し合あう)」の意味を作りますね。

맞벌이 共稼ぎ
맞장구(를) 치다 相槌を打つ
맞서다 相対する、対立する
손을 맞잡다 手を握りあう


맞교대2교대という言い方も可能ですね。^^

3交代は3교대ですね。^^


↓딸깍 플리즈~^^ 눌러 주시면 고맙겠습니다^^↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハン・ジム

Author:ハン・ジム

日下隆博
韓国語講師。韓国的最新ニュースから
使える単語情報まで。報道番組ディレクター的切り口でお送りする,韓国語バラエティ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
韓国語学習本



















検索フォーム
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
韓国語学習本