スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

예비전력

韓国では,供給可能な電力量と,使用されている電力量の差異を 예비전력<予備電力>と呼んでいます。

7日に,この 예비전력 が去年9月15日の停電以降で最も少なくなったとして,ニュースとなりました。

電力


ニュースでは今回の状況を '관심단계'と報道していました。これはこういうことだそうです。

전력수요는 총 5단계에 걸쳐 관리된다. 500만㎾이하일 때 '준비'단계에 들어가며, 400만 ㎾ 미만부터 100만 ㎾ 구간에 들어설 때 마다 '관심' '주의' '경계' '심각' 단계로 각각 높아진다.

全部で5段階に分けて管理。500万kW以下の場合“準備”段階,400万kW未満から100万kW減るごとに“関心”“注意”“警戒”“深刻”段階となる。

ということで,今回の場合は,最も逼迫した状況からは5段階で下から2つめ,という解釈になるわけです。

韓国ではこれから,この手のニュースが多くなることでしょう。


ところで 예비전력 という言い方が日本でどう言われているのか,実はいまのところ私はよくわかりません。

“予備電力”でもわかるのですが,なんとなくそう言い方はしないような気もしているのですが…

まあ夏になればわかるでしょう。(笑)



それにしても,
“準備段階”“関心段階”“注意段階”“警戒段階”“深刻段階”って
必要な用語なんでしょうかね。(笑)

そのまま数字で報道するほうがよっぽどわかりやすいと思うのですが。^^
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハン・ジム

Author:ハン・ジム

日下隆博
韓国語講師。韓国的最新ニュースから
使える単語情報まで。報道番組ディレクター的切り口でお送りする,韓国語バラエティ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
韓国語学習本



















検索フォーム
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
にほんブログ村
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
韓国語学習本



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。